コンパクトカー比較ランキング2018|低燃費で人気の小型車

コンパクトカー10車種を燃費、価格、人気度など総合的に比較してランキングしています。

アクア/プリウス比較|価格・運転しやすさならアクア、広さ・燃費重視ならプリウス

   

アクア(トヨタ)はどんな車?

新型アクアは、2011年12月に日本で発売開始された新型車になり、トヨタにとっては初代プリウス以来の5ナンバーサイズのハイブリットモデルです。
ラインアップは、1.5L直列4気筒エンジンと高出力のモーターを組み合わせたハイブリッドモデルのみによる構成で、車両本体価格は1,761,382~2,100,109円になります。
最小回転半径はベースグレードで4.9mと取り回しも良く、燃費も良いこともあり、街乗りでは重宝される車種です。

アクアの全体画像

アクアについて詳しく見る

プリウス(トヨタ)はどんな車?

プリウスは2015年12月に日本で発売が開始され、現行モデルで4代目になります。ラインナップは、40.8km/Lの圧倒的な低燃費を実現したE・基本的な装備を充実させたS・衝突回避支援パッケージToyota Safety Sense Pなどの先進の安全装備を充実させたA・本革シートなど高級感溢れるAプレミアムから構成されています。

またA・Sにはスポーティーなモデルであるツーリングセレクションもそれぞれ準備されています。

またプリウスでは、初の4WDモデルであるE-Fourも新たに設定されました。前輪と後輪をプロペラシャフトで繋ぐ機械式4WDシステムではなく、電気的に繋ぐことで、モーターで後輪を駆動させるシステムとなっています。

また日常使用では、4WD制御をスムーズに行い、エネルギーロスを減らしています。これにより4WDモデルながらJC08モード34.0km/Lという低燃費を実現した車種となっています。

アクアとプリウスを比較

①価格差・装備を考慮すると、アクアの方が割安でお得感あり。

車両本体価格ではアクアは176万円~210万円、対するプリウスは242万円~319万円となっており、エントリーグレードで66万円・最上級グレードでは109万円も価格差があります。同じSグレードで比較してみても59万円も差があり、かなり大きいです。
もちろん性能・装備が違うので一概には比較出来ませんが、100万円台でハイブリッド車が買えるアクアの方が割安であり、お得感があります。初期投資を抑えたいなら迷うことなく、アクアです。

②燃費面ではプリウスに軍配。Eグレードは驚きのJC08モード40.8km/L。

プリウスはS・AグレードがJC08モード燃費37.2km/Lの低燃費を実現しています。車両重量が1,310kgとその他のグレードより50kg軽いEグレードにおいては、驚きの40.8km/Lと40km/Lの大台を突破しています。(オプションをつけて1,320kgを上回る場合39.0km/)
対するアクアは37.0㎞/L(X-URBANは33.8km/L)となっており、プリウスに軍配が上がります。どちらもトップクラスの燃費水準ですが、距離を多く走るならプリウスの方が良いかもしれません。

③室内の居住性は、プリウスが快適。特に後席で差がつく。

アクアとプリウスのボディサイズを比較すると、プリウスがアクアに対して全長が545mm・全幅が65mm・全高が15mm大きくなっています。ホイールベースもプリウスが150m長く、居住性でかなり差がついています。
前席はそこまで窮屈さは感じませんが、後席はアクアが頭上・足元の空間が共に狭くなっています。身長170㎝の大人が乗車すると、頭上は握りこぶし1つないくらい、足元の空間は1.5個程度となっています。対するプリウスは頭上1個・足元2.5個とアクアに比べて余裕があります。後席を利用する機会が多い方は、プリウスの方がおススメです。

④プリウスの方がラゲッジ容量が充実。ゴルフバックも積載可能。

アクアは5人フル乗車時に奥行き710㎜×幅1,000㎜×高さ815㎜で容量が300Lに対し、プリウスは奥行き890㎜×幅1,390㎜×高さ715㎜で容量が502Lと200L程度差があります。
アクアは5人フル乗車時では、9.5インチゴルフバッグを搭載する事は出来ませんが、プリウスは4個まで積載可能となっています。(リアシートを倒せばアクアは4個積載可能)荷物も積めて、かつそれなりの広さが欲しい方はプリウスの方がおススメです。

⑤コンパクトなアクアの方が小回りが効き運転しやすい。

アクアは全長3,995㎜×全幅1,695㎜×全高1,455㎜とプリウスに比べ、全長が45mm・全幅が65mm・全高が15mm小さいコンパクトなサイズに収まっており、車両感覚もつかみやすくなっています。特にバックをする際には、後方が短い分アクアの方が運転しやすいです。
またホイールベースが150mm短い事もあり、最小回転半径はアクアが4.8mに対し、プリウスは5.1mとなっておりアクアの方が取り回しが良いです。狭い路地や駐車場が多い都市部では、コンパクトなアクアの方が有利です。

まとめ

広さ・燃費重視ならプリウス、価格・運転しやすさを選ぶならアクアを選びたい。

アクアとプリウスを比較して差が付いたのは、燃費・広さ・割安性・取り回しの良さです。どちらも燃費の良いモデルですが、プリウスは40.8km/Lと圧倒的な低燃費を実現しています。走行距離が多い傾向のある方は、こちらの方がメリットがあります。また後席のスペース・ラゲッジルームの容量は断然プリウスの方が広くなっています。5人フル乗車をする機会が多いファミリー層などは、プリウスの方が向いています。

対するアクアは、100万円台でハイブリッド買えるという圧倒的な割安性が魅力です。燃費がプリウスに比べて約3km/L程度差がありますが、価格差を考えると10万キロ走ってもペイ出来ません。初期投資を抑えかつ燃費の良い車種に乗りたい人には、おススメです。またコンパクトなサイズに加え、小回りも効くので街乗りメインの方には向いているかもしれません。

 - 2台比較