コンパクトカー比較ランキング2017-2018|低燃費で人気の小型車

コンパクトカー10車種を燃費、価格、人気度など総合的に比較してランキングしています。

【口コミ】新型デミオ15MB評価|クルマ好きも納得の乗り心地!

   

新型デミオ15MBを所有するjizi9さん32歳男性会社員の方に口コミ評価を聞いてみました。夫婦(32歳、32歳)の2人家族で通勤、レジャー、買い物に利用されています。

新型デミオ15MBを購入した理由

デミオを購入した理由は前に乗っていた車の車検切れと故障です。

20代では中古のスポーツタイプの車を乗っていましたが、故障も増え修理代がかさむため、今後の結婚生活に備えて維持費の安いコンパクトカーが選択肢に入りました。

ですが、元が車好きの私です。また妻も車の見た目には好みがあります。車の走行性能が確かな事と、妻の車の見た目の好みで選ぶ事になりました。

候補はトヨタヴィッツ、スズキスイフトスポーツが最終候補に残りましたが、試乗した乗り心地と『小さなイタズラ小僧』を思わせる心の通った人間的な見た目からデミオを選ぶ事になりました。

また、購入価格も重要でした。同等の性能のトヨタヴィッツとスズキスイフトスポーツに比べ50万円以上安いことも即決した理由になります。

新型デミオ15MBの良いところ

⑴走行性能

良いマツダの『Skyactive technology』はエンジンとボディ、シャーシや内装全てを合わせて設計する技術です。
エンジンは3種類、ガソリンエンジンのSkyactiveG1300ccと1500cc、そしてSkyactiveD1500ccというディーゼルターボエンジンです。

わたしのグレードは1500ccのガソリンエンジンで、走行性能には全く不満はありません。
普段の通勤や買い物などの街乗りから高速道路、遠距離のドライブも十分です。
高速道路では法廷速度内ですが、無理なく高性能セダンやSUVを追い越す事もできますよ。

⑵燃費

良い肝心の燃費はグレードによって変わります。

・XD(1500ccディーゼルターボ)26.4km/L
・13S(1300ccガソリン)24.6km/L
・15MB(1500ccガソリン)19.2km/L

私の15MBの実燃費は夏場では18~24キロ/リッター、冬場では雪国でもあり10キロ/リッターに落ちてしまいます。雪国では止まっている時間が長く冬場はメーター上の燃費はどうしても落ちてしまいます。

他のグレードに比べ燃費が良いとは言えないでしょう。ですが、走行性能と悪ガキのような見た目には変えられません。

⑶素直な操作性

良いデミオに乗っていると車を運転していると言うより、自分が一緒に走っている感覚があります。
それは『人馬一体』をテーマに突き詰められた設計にあります。

ステアリングとアクセルの操作に素直に反応する機敏なボディと、少し硬めですが路面の状態を拾ってくれる足回りは運転を楽しむ私にとっては最大の魅力です。
通勤や買い物など近場の移動も、遠出のドライブも運転する楽しみがあれば全く苦にはならず、楽しみな事の1つです。
まさにドライバーと車の人馬一体そのものです。

⑷エクステリア

良い好みが分かれるところでもありますが、デミオが競合のコンパクトカーと異なる点は個性的なエクステリアにあります。
『魂動』をテーマに車を生き物のようにデザインする目的で現行モデルから新たにデザインされたエクステリア。

私も妻もひと目でデミオが生きているように見えました。
かつてその世代で最も美しい車RX7のFD型を生み出したマツダにしかできない仕上がりです。
カラーは10色から選ぶことができ、CMでも目にするソウルレッドを選びましたが、深みのあるディープクリスタルブルーマイカと言う濃紺のカラーと、最後まで迷いました。

⑸内装

良いシートも決して安物ではなく、ブラックで統一感のある布張りシートです。
座り心地も運転席と助手席ではひと世代前のセダンと同等以上の心地よさです。

さらに上級グレードでは『L pPckage』という革張りのシートを選択でき、試乗した際には高性能セダンと間違えるほどの乗り心地もありました。
車の使用目的が夫婦とこれから生まれる子供1〜2人までになるので、後部座席にチャイルドシートを乗せ5〜7年くらいは不満なく乗れそうです。

新型デミオ15MBの残念なところ

⑴硬めな乗り心地は好みが分かれます

デミオは競合のトヨタヴィッツやホンダフィットに比べて乗り心地が悪いとも言えます。
これはスズキのスイフトスポーツにも言える事ですが、乗り心地を重視して作られたヴィッツやフィットに比べて、運転する楽しさや走行性能を重視して作られたからと言って良いでしょう。
元々中古のスポーツタイプから乗り換えた私たちには快適な乗り心地ですが、SUVやセダンなど乗り心地の快適な車からの乗り換えではゴツゴツした少々安っぽい乗り心地に思えてしまうかもしれません。

⑵後部座席は広いとは言えません

こちらも似た理由と言えます。
ファミリーカーとしての競合のコンパクトカーと比べて、後部座席の広さや座り心地はさほど考慮されていません。
通常のグレードはシートもやや硬めですので大人4人が座り長距離のドライブになると、窮屈さが大きいです。
あくまで2人や前に大人2人と後部座席に子どもの組み合わせがちょうど良い乗り方になります。

新型デミオ15MBはどんな人におすすめ?

デミオは運転を楽しみたい男性ドライバー、車好きな女性ドライバー、車好きだけどそこまでお金をかけれない若いご夫婦におすすめです。
若い世代にお勧めした理由は、デメリットの⑴乗り心地と⑵後部座席にあります。
生活の為の移動で大人3人以上が乗る車としては、あまりお勧めできません。

家族構成は若いご夫婦と小学生未満の子ども1〜2人が限度ではないかと思います。
子どもが大きくなると、それに合わせて大きな車も必要になります。

セカンドカーを購入する経済力のある方でしたら、お父さんの通勤用、お母さんの買い物用に割り切った乗り方もできますが、運転する事が楽しい車です。
生活の為の車とは別に1台購入するのも楽しみではないでしょうか。

 - マツダ「デミオ」の口コミ, 口コミ体験レビュー