コンパクトカー比較ランキング2017-2018|低燃費で人気の小型車

コンパクトカー10車種を燃費、価格、人気度など総合的に比較してランキングしています。

燃費の良いコンパクトカー比較ランキング2017-2018【1位】日産ノートePOWERの37.2km/L

      2017/07/24

コンパクトカーコンパクトカーの低燃費ランキング第1位は、日産ノートでした。第2位のトヨタ・アクアとは0.2km/Lというわずかな違いでした。やはりハイブリッド車の燃費はとても良くて、ガソリン車との差がかなりあります。

同じフィットとフィットハイブリッドを比較しても、カタログ燃費は10km/L近い差があります。ハイブリッド車の本体価格はやはり高いですが、燃費が良いので、車を長距離で使う方にはハイブリッド車がおすすめです。

順位車種最大燃費
km/L
中古車検索
1位トヨタ・アクア38.0(HV)中古車検索
2位日産ノート37.2(e-POWER)
26.0
中古車検索
2位ホンダ・フィット37.2(HV)
26.0
中古車検索
4位トヨタ・ヴィッツ34.4(HV)
25.0
中古車検索
5位マツダ・デミオ30.0(ディーゼル)
28.0
中古車検索
6位スズキ・イグニス28.8中古車検索
7位トヨタ・パッソ28.0中古車検索
8位スズキ・スイフト26.4中古車検索
9位三菱・ミラージュ23.8中古車検索
10位日産マーチ23.0中古車検索

※燃費の数値は最大数値です。グレードやオプションによって燃費が低くなる可能性がありますのでご注意ください。

トヨタ・ヴィッツは以前はガソリン車のみで25.0km/Lが最高燃費でしたが、ハイブリッド設定が追加され最高燃費が34.4km/Lになり、8位から4位にランクアップしました。

実燃費の統計を取っているe燃費というサイトでは、日産ノートの実燃費平均が21.46km/Lなのに対し、アクアの実燃費平均が23.78km/L(2017年7月現在)でした。燃費ランキングではノートの方が上ですが、実燃費ではアクアの方が燃費が良いという結果になりました。

カタログ燃費からは大幅に低い数値となってしまいますが、それでもかなりの低燃費です。中には、リッター30kmを達成したという嬉しい声も寄せられていましたので使い方によっては、更なる低燃費での走行が可能なようです。

マツダ新型デミオは、クリーンディーゼルで燃費30.0km/Lを実現しました。ハイブリッド車、クリーンディーゼル車以外のコンパクトカーの中では、スズキ・イグニスの燃費が一番良く、28.8km/Lでした。

ですが、ガソリン車のフィット、ヴィッツ、ノートの燃費の差はほとんどありませんので、室内の広さや安全機能など違う部分での比較すると良いかもしれません。残念ながらヴィッツは少し燃費が悪いようです。

コンパクトカー比較ランキング2017-2018

『コンパクトカー比較2017-2018』では、通勤におすすめのコンパクトカー10車種を販売台数や燃費、馬力など総合的に比較してランキング形式で発表しています。コンパクトカーの詳細ページでは、各車種のメリット・デメリット(欠点)などの詳細を見ることができます。

 - 比較ランキング