コンパクトカー比較ランキング2017-2018|低燃費で人気の小型車

コンパクトカー10車種を燃費、価格、人気度など総合的に比較してランキングしています。

トヨタ「カローラフィールダー」の良い点・欠点|33.8km/Lの低燃費、大容量の荷室

      2016/12/18

新型カローラフィールダーは2012年5月に日本で発売が開始され、現行モデルで3代目です。ラインナップは、1.5L・1.8Lモデルのガソリン車と1.5Lエンジン+モーターのハイブリッドモデルになります。

カローラフィールダー

この車の大きな特徴として、燃費面の良さと安全性の高さが挙げられます。燃費面では、ガソリン車の1.5Lモデルが2015年4月のマイナーチェンジで大きく燃費を向上させています。2WD車でガソリン車がJC08モード燃費23.0㎞/L・ハイブリッド車で33.8㎞/Lの低燃費を実現するなど、トップクラスの燃費水準となっています。

カローラフィールダー正面画像

安全面では、JNCAP予防安全性能評価において、満点で最高ランク「ASV+」・JNCAP新・安全性能総合評価ファイブスター賞を獲得するなど安全性の高さが大きく評価されています。排気量1500cc以下の小型ステーションワゴンでの受賞は、カローラフィルダーが初の受賞車種となっています。

中古車販売実績ナンバー1の『ガリバー』で中古車検索してみませんか。
※『ガリバー』からの電話を受け取ると、非公開の中古車を探せます。※
↓↓↓

トヨタ「カローラフィールダー」の良い点(メリット)

①JNCAP予防安全性能評価において、満点で最高ランク「ASV+」を獲得。

トヨタセーフティセンスCを幅広いグレードに装着したカローラフィールダーは、JNCAP予防安全性能評価において満点で最高ランクの「ASV+」を獲得しています。レーザーレーダーと単眼カメラを使ったプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱を警告するレーンディスパーチャーアラート、夜間の歩行者などの発見に役立つオートマチックハイビームの3つの機能によりドライバーの安全運転を多面的にサポートしてくれます。
ライバル車と比較すると、まず自動ブレーキステムの作動上限がシャトルが30㎞/hに対し、80㎞/hと範囲が広くなっています。またシャトルには装備のない車線逸脱警告機能も備わっています。安全面で言えば、カローラフィールダーが格段に上です。

カローラフィールダー運転席

②シャトルと並びトップクラスの燃費水準。モーターのみのEVドライブモードも装備。

ガソリンエンジンとハイブリットエンジンの2モデルを用意しているカローラフィールダーは、2WD車でガソリン車がJC08モード燃費23.0㎞/L・ハイブリッド車で33.8㎞/Lの低燃費を実現しています。(1.8Lモデルは16.6㎞/L)
ライバル車のシャトルと比較すると、ガソリン車で21.8㎞/L・ハイブリッド車で34.0㎞/Lとガソリン車ではやや上回り、ハイブリッド車では同等の数値となっています。
燃費優先のエコドライブモードとモーターのみでの走行をするEVドライブモードの2つの走行モードを選ぶ事が出来るのも魅力の1つです。

カローラフィールダーの前席

③ナノイー機能搭載で、車の中でエステ気分を満喫。菌の抑制・脱臭効果もあり。

カローラフィールダーは、家庭用のエアコンなどでも使われるナノイー機能を1.5G以上のグレードに標準搭載しています。エアコンのスイッチをONにすると、お肌や髪に優しいマイナスイオンが運転席側のエアコン噴き出し口から放出され、車の中でエステ気分を味わう事が出来ます。
この他にナノイーには、ウイルスや菌の抑制・タバコなどのニオイを脱臭する効果もあるので、付いてて損のない機能となっています。

カローラフィールダーの後部座席

④大き目なガラスの採用と各ピラーを細くした事で、周辺視界は良好に。

大きくラウンドしたフロントガラスを採用したカローラフィールダーは、広々と見渡せる前方視界となっています。さらにAピラーを細く設計する事で前席のサイドガラスを大きく取れ、斜め前方の視界も良好です。
クォーターガラス・リアガラスも同様に大きめのガラスを採用しているほか、Cピラーも細めになっているので斜め後方・後方視界についても良好です。死角が少ない作りになっているので、女性でも運転しやすい車となっています。

カローラフィールダー、フロントガラス

⑤4WD車でも一般的な機械式立体駐車場に収まる貴重なサイズ。

全長4,410㎜×全幅1,695㎜×全高1,510㎜のカローラフィールダーは、セダンベースに開発されてきた事もあり、一般的な機械式立体駐車場に収まるサイズとなっています。(全幅1850mm程度・全高1550mm程度のところが多い)
ライバル車のシャトルを見てみると、全高が1,545㎜とかなりギリギリで4WD車は1,570㎜とやや制限オーバーしてしまいます。その点カローラフィールダーは、4WD車でも最大で1,535㎜と高さ制限をクリアしています。お出かけの際の駐車場にはまず困る事はありません。

トヨタ「カローラフィールダー」の欠点(デメリット)

①ラゲッジの容量は、フル乗車時・後席格納時共にシャトルに軍配。

カローラフィールダーのラゲッジルームは、フル乗車時で奥行き950㎜×幅960㎜×高さ740㎜で容量は407Lです。リアシートを倒すと奥行きが1,810㎜まで拡大し、872LLになります。
ステーションワゴンとしては十分な積載容量のカローラフィールダーですが、ライバル車のシャトルと比べるとフル乗車時で570L・後席格納時で1,141Lです。シャトルの方がそれぞれ163L・269Lも容量が多く、使い勝手は良いです。

フィールダーの荷室

②シャトルと比較すると、加速・パワー面共に劣る。

ガソリン車で最高出力109馬力・最大トルク13.9kgmのスペックのカローラフィールダーは、通常の使用ではそこまでパワー不足を感じませんが、坂道や高速走行では物足りなさを感じます。その点ライバル車のシャトルは、132馬力・15.8kgmとパワフルな性能になっています。
ハイブリッド車でも同様で、カローラフィールダーがエンジンが74馬力・11.3kgmでモーターが61馬力・17.2kgmに対し、シャトルはエンジンが110馬力・13.7kgmでモーターが29.5馬力・16.3kgmとなっています。
ガソリン・ハイブリッド車に共通して言えるのは、加速はもっさり感あり・パワー面はやや不足です。

中古車販売実績ナンバー1の『ガリバー』で中古車検索してみませんか。
※『ガリバー』からの電話を受け取ると、非公開の中古車を探せます。※
↓↓↓

 - メリット・デメリット