コンパクトカー比較ランキング2017-2018|低燃費で人気の小型車

コンパクトカー10車種を燃費、価格、人気度など総合的に比較してランキングしています。

安全性の高いコンパクトカーランキング2018【1位】フィット(ホンダ)

      2017/11/17

コンパクトカー

低燃費コンパクトカーの10車種で安全性能比較をしてみました。

最近では、運転席&助手席のエアバッグは、標準装備が当たり前になっていますね。後部座席のサイドカーテンエアバッグもオプションやタイプ別で装備できるなど安全性が高まっています。

順位 1位 2位 3位 5位
車種 ホンダ
フィット
三菱
ミラージュ
マツダ
デミオ
スズキ
スイフト
スズキ
イグニス
SRSエアバッグ
サイドエアバッグ
サイドカーテンエアバッグ
歩行者傷害軽減ボディ
むちうち軽減シート
自動ブレーキ
踏み間違い防止(前)
踏み間違い防止(後)
車線逸脱警報or制御
緊急ブレーキシグナル
坂道アシスト
横滑り防止
総合得点 48 46 45 45 43
中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索
順位 5位 7位 9位 10位
車種 トヨタ
パッソ
トヨタ
アクア
トヨタ
ヴィッツ
日産
ノート
日産
マーチ
SRSエアバッグ
サイドエアバッグ
サイドカーテンエアバッグ
歩行者傷害軽減ボディ
むちうち軽減シート
自動ブレーキ
踏み間違い防止(前)
踏み間違い防止(後)
車線逸脱警報or制御
緊急ブレーキシグナル
坂道アシスト
横滑り防止
総合得点 43 42 42 33 18
中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索 中古車検索

※標準装備(●)5点、タイプ別(□)・オプション(△)3点で評価しています。
※車線逸脱警報を追加しました(2017年4月27日)

日産ノートは、前席のサイドエアバッグが無いことが残念です。トヨタ・ヴィッツは、坂道アシストが無いので、急な坂道では、ドライブにギアを入れていても後ろに下がってしまう可能性があるので注意が必要です。

衝突軽減ブレーキは、ホンダ・フィットが標準装備なのが優れたポイントです。他には、新型デミオがタイプ別装備、日産ノートがオプションで付けられますが、アクアとヴィッツには装備不可能です。

駐車場に停車中にギアを間違えて入れてしまって店舗内に車が突っ込むという事故をたまに耳にしますが、誤発進抑制機能とは、発進する方向に車輪止めなどの障害物がある場合、急な発進を抑制してくれる機能で、安全性が期待できます。

自動ブレーキが装備できないのは日産マーチのみでした。自動ブレーキはどんどん全車標準装備が広がってきているので装備できないのはかなり残念です。

スライドドア搭載コンパクトカーの安全性比較はこちら

コンパクトカー比較ランキング2017-2018

『コンパクトカー比較2017-2018』では、通勤におすすめのコンパクトカー10車種を販売台数や燃費、馬力など総合的に比較してランキング形式で発表しています。コンパクトカーの詳細ページでは、各車種のメリット・デメリット(欠点)などの詳細を見ることができます。

 - 比較ランキング